FC2ブログ
ニュースすくらんぶる、トピックスらんぶる
気になるニュースやむかつくトピックスを、ある時はまっすぐに,ある時はナナメに徘徊してまわります.旬のキーワードなんかも拾いあつめてマス。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対テロ法案に思う
工事の妨害にブロック積んで居座る輩に対テロ法案をどうこういう資格はないと思うんだが?

沖縄の辺野古でたむろっている連中には朝鮮人や中国人(もちろん赤い連中)が相当数混じっているという。
朝鮮人に至ってはキタとはっきりわかる奴の他に、明らかに韓国人が混じっているとも。

まあ、不思議はない。
半島系の連中は日本の敗戦後からずぅーっと居座っていて、南北全羅道あたりに本籍のある在日がは数多い。
本籍はさらに半島全域に散らばり、北朝鮮系もいる。

わかりやすく危険なのはこの北朝鮮系の連中で、拉致被害はすでによく知られた犯罪行為だ。
だが、南朝鮮系のほうが多数派なだけに影響力が大きく、潜在的な危険性はこっちのほうが大きい。

・スヒョン文書
・花王文書
・セレブリティ文書(第二花王とも)
こういったのをググってみよう。

ネット魚拓や再解釈されたものがほとんどなので、信ぴょう性に疑問が残るのはたしかだが、
タイムスタンプや内容の脈絡を、当時の日本の出来事とともにトレースすると、がざん真実味を帯びてくる。

個人的には彼奴等が日本の支配を本気でたくらんでいいたと確信している。

あるとき、李明博が南北統一に触れたおり、莫大な額が予想される統一資金の用意を質問した記者にこう答えた。

『統一の費用は日本に出させる』

重要なことなので、もう一度書いておく。

『費用は日本に出させる』

半島統一など朝鮮人の共食いにすぎない。
なのになぜかネズミ(李明博の蔑・・・じゃなくて愛称?www)は自信たっぷりに日本に押し付けることができる内容の発言を。

それは当時日本の政権党がどこだったか知ればわかる事だ。
『民主党』

これ以上は言うまでもあるまい。
韓国が日本にあれこれ押し付けることができるのは自民党ではなく、ミンス党。ということだ。

朝鮮系と日本人の共存繁栄は限りなく困難だ。
なぜなら価値観が全く違うから。

李氏朝鮮は貴族社会=両班文化であり、労働は賤しい行為とされた。
韓国はこの愚かな伝統を引き継いだままの国だ。
一方日本は出自が賤しくても一芸に秀でた人間は尊敬を得ることができる。

帰化した元朝鮮人のかたの中には日本の価値観を尊重してくれる人もいる。
しかし、南北朝鮮いずれかの国籍のままの輩は、労働せず生活することに忌避感はない。
数多くのザイニチが生保を受け取り、外車を乗り回しパチンコ競馬に興じている。
これは、そのあらわれだろう。

考えてみよう。
現在の在日の始祖=一世が渡日したのは彼奴らが何を言おうが朝鮮戦争のころで正しい。

半島情勢が停滞した時期、吉田翁が在日を一度送り返そうとしたとき、それをつぶしたのがアメリカだ。
どういうわけか、在日の引き取りを拒否したのは韓国だ。
──ガイコクは信じてはいけないということをそろそろ学ぼう──

そんないきさつの中、渡日朝鮮人は日本に住み着き、あちこちで土地を不法占拠し「朝鮮部落」を作った。

それから月日は流れ、1世紀が経過する日も指呼の先となった。
だが、そんな長きにわたり日本でくらしながら、帰化を拒む在日・・・・

韓僑は一般的に帰化を好む。
欧米韓僑は早い時期に市民権⇒帰化と進むのになぜ在日はそうしないのか?

ザイニチ特権の存在?
それもあるだろうが、それだけで納得できないこtも多い。
納得できる解答・・・それは日本を乗っ取り、楽して暮らす夢をすてていない。ということではないか?

そんな連中が70万人、反日感情をもった帰化人も入れると100万人を越えるともいわれる危険分子が、列島で臭い息を吐いている。
時代錯誤な望みを抱えたまま、機さえあれば!とくすぶっている。

参集すると暴力行動にはしることもわすれてはいけない。
(朝鮮進駐軍、警察署焼き討ち、正夫事件など、日本人では考えられない実例がいくらでもある)
そんな状況で対テロ法案に反対する者、政党については出自を疑ってみるのが良いだろう。

ちなみに、「強制連行」の客観的証拠はイアンフと同じで未だみつかっていない。
謝罪を要求するニダ。賠償を請求するニダ!と騒ぐなら、
日本人がぐうの音も出ないような明確な証拠をつきつけてくれ。



プロフィール

quartz

quartzの好き勝手なニュースサイトです。芸能、スポーツ、映画にアニメにレジャーといった、お楽しみネタはもちろん、時には金融、社会問題なんかも扱いたいなーと思ってマス。

関連リンク

最近の記事

カテゴリー

参加ランキング

ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
にほんブログ村 ニュースブログへ 人気blogランキング
ブログランキング

RSSフィード

My Yahoo!に追加
Add to Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。