FC2ブログ
ニュースすくらんぶる、トピックスらんぶる
気になるニュースやむかつくトピックスを、ある時はまっすぐに,ある時はナナメに徘徊してまわります.旬のキーワードなんかも拾いあつめてマス。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜか円が大暴騰!?
わけが判らないことは世の中多い。

なんと!

日本は上下朝鮮の隣だというのに。

下手すりゃミサイル打ち込まれて核爆発!にリスクもあるのに。

円が大暴騰!!(笑)

いやいや、笑ってる場合じゃない。

さすがは安定の円。やばい時はとりあえず円買いというのが外為取引の定石ではあるのだが、本当に危ないと思うよ今回は。

なにしろ、第1空母打撃群 がテョン半島沖を目指し北上中。

カール君が鎮座ましますまでにそれほど間はいらないだろう。

それだけじゃない、レーガンの奴もお出まし?

うわさではもう一群どこへかは知らないがルーチン外の移動に入ったとも。

空母打撃群×2の揃い踏み・・・これは本気だ。

ちなみにこちら。

http://www.marinetraffic.com/ais/jp/

世界の主要船舶の場所が判る。

海難事故のニュースが流れると管理人のようなスキモノはこれを使ってチェックする。

いつもは自衛艦の動きも見ることができるが、現時点では停泊中など、一部の船舶を除いて行方不明みたいだ。

これが何を意味するか?

円を買いあさってる奴らに言っておこう。

日本だって、いい加減危ないんだぞ。

スポンサーサイト
パーティの季節だよ!
パーティのシーズンだ。
年末年始だけがパーティのハイシーズンではない。
日本の一年は実質今の季節が始まりだ。
謝恩会、追い出しコンパ。
新入生歓迎パーティ。
お花見(宴会は日本流のパーティだよ)などなど。
大抵はカジュアルな普段着の催しだから、ドレスコードはあまり厳しくない。
例外的には、体育部系統の催しで制服着用が求められることもある。
制服が「礼服」に準ずるのは中高校生だけでなく、大学でも同じことだ。
普段着~フォーマルまでたいていのシチュエーションをカバーするこの万能服、部活で着なれた女子の中には就活用のコスチュームにする人がいるくらいだ。(有名校でないとご利益は薄いだろうが)
なので、結婚式披露宴にこれを着用してもドレスコードの上では全く問題なく、かつては制服で参列する女子中高校生も多かった。
しかし、昨今の女子はお洒落さんなので、こういう場面でもパーティドレスを着用するのが主流みたいだね。
中華製だと数千円から入手可能だし、ストイックなものばかりでなくビジューなのも多いのでまあ、当然と言えば当然か。
対テロ法案に思う
工事の妨害にブロック積んで居座る輩に対テロ法案をどうこういう資格はないと思うんだが?

沖縄の辺野古でたむろっている連中には朝鮮人や中国人(もちろん赤い連中)が相当数混じっているという。
朝鮮人に至ってはキタとはっきりわかる奴の他に、明らかに韓国人が混じっているとも。

まあ、不思議はない。
半島系の連中は日本の敗戦後からずぅーっと居座っていて、南北全羅道あたりに本籍のある在日がは数多い。
本籍はさらに半島全域に散らばり、北朝鮮系もいる。

わかりやすく危険なのはこの北朝鮮系の連中で、拉致被害はすでによく知られた犯罪行為だ。
だが、南朝鮮系のほうが多数派なだけに影響力が大きく、潜在的な危険性はこっちのほうが大きい。

・スヒョン文書
・花王文書
・セレブリティ文書(第二花王とも)
こういったのをググってみよう。

ネット魚拓や再解釈されたものがほとんどなので、信ぴょう性に疑問が残るのはたしかだが、
タイムスタンプや内容の脈絡を、当時の日本の出来事とともにトレースすると、がざん真実味を帯びてくる。

個人的には彼奴等が日本の支配を本気でたくらんでいいたと確信している。

あるとき、李明博が南北統一に触れたおり、莫大な額が予想される統一資金の用意を質問した記者にこう答えた。

『統一の費用は日本に出させる』

重要なことなので、もう一度書いておく。

『費用は日本に出させる』

半島統一など朝鮮人の共食いにすぎない。
なのになぜかネズミ(李明博の蔑・・・じゃなくて愛称?www)は自信たっぷりに日本に押し付けることができる内容の発言を。

それは当時日本の政権党がどこだったか知ればわかる事だ。
『民主党』

これ以上は言うまでもあるまい。
韓国が日本にあれこれ押し付けることができるのは自民党ではなく、ミンス党。ということだ。

朝鮮系と日本人の共存繁栄は限りなく困難だ。
なぜなら価値観が全く違うから。

李氏朝鮮は貴族社会=両班文化であり、労働は賤しい行為とされた。
韓国はこの愚かな伝統を引き継いだままの国だ。
一方日本は出自が賤しくても一芸に秀でた人間は尊敬を得ることができる。

帰化した元朝鮮人のかたの中には日本の価値観を尊重してくれる人もいる。
しかし、南北朝鮮いずれかの国籍のままの輩は、労働せず生活することに忌避感はない。
数多くのザイニチが生保を受け取り、外車を乗り回しパチンコ競馬に興じている。
これは、そのあらわれだろう。

考えてみよう。
現在の在日の始祖=一世が渡日したのは彼奴らが何を言おうが朝鮮戦争のころで正しい。

半島情勢が停滞した時期、吉田翁が在日を一度送り返そうとしたとき、それをつぶしたのがアメリカだ。
どういうわけか、在日の引き取りを拒否したのは韓国だ。
──ガイコクは信じてはいけないということをそろそろ学ぼう──

そんないきさつの中、渡日朝鮮人は日本に住み着き、あちこちで土地を不法占拠し「朝鮮部落」を作った。

それから月日は流れ、1世紀が経過する日も指呼の先となった。
だが、そんな長きにわたり日本でくらしながら、帰化を拒む在日・・・・

韓僑は一般的に帰化を好む。
欧米韓僑は早い時期に市民権⇒帰化と進むのになぜ在日はそうしないのか?

ザイニチ特権の存在?
それもあるだろうが、それだけで納得できないこtも多い。
納得できる解答・・・それは日本を乗っ取り、楽して暮らす夢をすてていない。ということではないか?

そんな連中が70万人、反日感情をもった帰化人も入れると100万人を越えるともいわれる危険分子が、列島で臭い息を吐いている。
時代錯誤な望みを抱えたまま、機さえあれば!とくすぶっている。

参集すると暴力行動にはしることもわすれてはいけない。
(朝鮮進駐軍、警察署焼き討ち、正夫事件など、日本人では考えられない実例がいくらでもある)
そんな状況で対テロ法案に反対する者、政党については出自を疑ってみるのが良いだろう。

ちなみに、「強制連行」の客観的証拠はイアンフと同じで未だみつかっていない。
謝罪を要求するニダ。賠償を請求するニダ!と騒ぐなら、
日本人がぐうの音も出ないような明確な証拠をつきつけてくれ。

夜景のきれいな山の道にて
夜景のきれいな季節になった。
ちょっと寒いけど、天気の良い週末には近所のビューポイントへでかけよう。

うちの近所は平地から山が立ち上がる地形なので、低山でも頂上付近まで上がるとなかなか景色が良い。
たかだか500mにも満たない標高だが、本当に夜景がきれいだ。

ただし、夜間、山道をゆくのはいろいろとリスクがある。

たとえば、脱輪、あるいは、物損事故。
運が悪ければ転落ということもありうる。
免許とりたての人はやめておくのが理性というもんだ。

だが、自動車の運転だけがリスクではない。
野生動物に遭遇することもあるのだ。

すると熊を思い浮かべるかも知れないが、個体数が知れているので鉢合わせの可能性はまずない。
わりとよく出会うのはイノシシだ。
こいつは図体がでかいので衝突すると厄介だ。

実は管理人、イノシシにぶつかったことがある。
幸い若いイノシシで、成獣といってもそれほど大きくなかったので、ラジエターグリルが傷ついた程度で済んだ。
山道を飛ばしているといきなり3頭のイノシシが一列になって飛び出してきたのを、ハンドルでさばいて難をのがれたのだが、遅れて飛び出した一頭を撥ねてしまったのだ。

まあ、撥ねたというよりぶつかった程度のもので、くだんのイノシシはそのまま走り去ってしまった。
翌朝、車のバンパーを眺めると、イノシシの姿が、魚拓みたいにはっきりと確認できて笑ってしまった。

夜の山道は気を付けたほうがいい。
何があるかわかったものじゃない。
造船受注の日韓比較
『韓国と日本の造船の受注残量の格差が13年ぶりに最低水準に』というニュースをネットで見かけた。
かつての造船王国・日本は受注トン数世界一位だったが、南朝鮮に王座を奪われて久しい。
その朝鮮も中華に大きく水をあけられ、カンコク造船大手はどこもかしこも青息吐息。
まー、そんなもんだろうね、チョーセン人のやる事なんて。
どこの国とは言わないが、ギジュチュ(丁語だとこうなるらしい)を教えてもらって、調子がよくなると、ディスカウント。
競り合いになったら、プライブにキックダウン、露骨な値引き攻撃でとりあえずシェアを確保。
しかる後に、すきホーダイというのが、半島人のやり方だからな。
ま、造船についてはそこまでたどり着けず、通貨危機、プライムローンに端を発する不況と水をさされ、調子が戻れば今度はシナ人に足元すくわれでなかなか思うに任せないらしい。
ざまーみろ!と言っておこう。
因みに現在は日本が受注2位に、南朝鮮は3位におちてるらしい。
円安の恩恵もあるんだろうが、似たような値段だったら、日本製を選ぶのは理性というものだしな。


プロフィール

quartz

quartzの好き勝手なニュースサイトです。芸能、スポーツ、映画にアニメにレジャーといった、お楽しみネタはもちろん、時には金融、社会問題なんかも扱いたいなーと思ってマス。

関連リンク

最近の記事

カテゴリー

参加ランキング

ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
にほんブログ村 ニュースブログへ 人気blogランキング
ブログランキング

RSSフィード

My Yahoo!に追加
Add to Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。